毎日のシャンプーでヘアケアしながら頭皮ケア!「バイタリズム」

薄毛対策の「バイタリズム」 毎日のシャンプーでヘアケア!

クリニック&ドクター監修開発!
毎日のシャンプーでヘアケアしながら頭皮ケアもできる新発想のシャンプー&コンディショナー。

 

ノンシリコン、石油系界面活性剤不使用で
敏感肌にも安心の植物成分グルコシド系(ブドウ糖連鎖)洗浄剤を使用し
頭皮の乾燥を防ぎ、加水分解コラーゲンによって乾燥のダメージから守ります。

 

また日本初の新成分ピロミジロール配合でハリやコシも重視。
そのほかにもアルガン植物ispや9種類の植物エキス、8種のアミノ酸配合。

 

様々な髪や頭皮の悩みを抱えている方におススメです。

バイタリズムに採用されている成分の特徴

毛髪・頭皮ケアの新成分!日本初!ピロミジロール配合

潟wアジニアス・ラボラトリーズが、毛髪・頭皮ケアができる新しい成分として開発した「ピロミジロール」を配合しております。

 

天然由来成分ジャパニーズオーガニックシャンプー

石油系界面活性剤・合成着色料フリー。植物由来のグルコシド系洗浄剤とアミノ酸系洗浄剤を使用しています。

 

お肌想いのシャンプー処方で 敏感肌も洗える優しさ

保湿作用のあるブドウ糖由来のグルコシド系洗浄剤は、ベビー用品にも使用されている肌に優しい植物由来の洗浄剤です。うるおいはしっかりキープし、頭皮の乾燥を防いで柔軟性を保ちます。

 

頭皮の敵であるストレスを和らげるリラックス効果のある心地よい香り

ハーバルな香りをベースに、ベルガモットやグリーンなど、エキゾチックな洗練された香りをイメージしました。甘さの中にすっきりとした爽やかさが残り、懐かしさと新しさが共存するような香りです。

 

 

バイタリズム開発者メッセージ

毎日のシャンプーで、ヘアケアもスカルプケアも同時にできたらいいな。そんな、美しい髪と健やかな頭皮のことを考えて完成したのが、このVITALISMです。汚れや疲れがたまりがちな頭皮は、指でマッサージしながら洗うと、スッキリ感が違います。ベビー用シャンプーなどにも採用されるやさしい洗浄剤を使っているので、洗い流した後の髪も、なめらかで優しい仕上がりです。さらに、ハーブを基調にしたアロマテイストな香りに包まれると、気持ちまでリフレッシュできるのがいいと思います。

髪の専門家として、私が最も必要だと感じるのは、予防ケアです。さまざまな髪の悩みを抱える方のご相談に乗るたびに、「もっと早くから頭皮(スカルプ)ケアをしていれば…」と、日々痛感しています。まず大切なのは、頭皮に不快感やストレスをためないこと。それから、
1.頭皮を清潔な状態に保つこと。
2.シャンプー時によくマッサージして、頭皮の血行を良くすること。
3.頭皮や髪を乾燥させすぎないこと。
この3つが大切です。

バイタリズムは男性誌・女性誌にも続々掲載中!

植毛・育毛関連技術一覧

【バイタリズム】Q&A

AGAとは?

AGAとは「Androgenetic(男性の)Alopecia(脱毛症)」の略称です。
日本語では、男性型脱毛症と訳します。
男性思春期以降に男性に多く見られ額の生え際や頭頂部の髪が薄くなります。

AGAの原因は?

男性ホルモン、遺伝、ストレス、生活習慣など様々です。
ヘアサイクルが乱れ、成長期の期間が短くなる事により細い毛になってしまいます。

ヘアサイクルとは?

全身の毛にはそれぞれ毛周期(ヘアサイクル)と呼ばれる周期があり、一定の 毛量が保たれています。
髪の毛のヘアサイクルは平均3年から6年と言われており毛母細胞が細胞分裂をして髪が伸びる時期(成長期)⇒(退行期)⇒(休止期)を繰り返し、休止期になると次の成長期を迎えた毛に押し上げられる形で自然に抜け落ちます。

DHTとは?

DHTとはジヒドロテストステロンの略称です。薄毛を引き起こすホルモンです。
代表的な男性ホルモンであるテストステロンが、毛乳頭細胞内で5αリダクターゼII型という酵素の働きにより変化することで生じます。
このDHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターと結合し、発毛の抑制作用成分TGF-β1となるのです。

AGAは遺伝するの?

薄毛になりやすい体質は遺伝します。
遺伝子のX染色体にあるアンドロゲン受容体遺伝子に変異が多く見られ、これが男性ホルモンの分泌を過剰にしてAGAになりやすくなります。またX染色体は母からしか遺伝しません。

ストレスとの関係はあるの?

ストレスを感じると自律神経が交感神経優位となります。
交感神経モードでは筋肉に血液が集中し内臓に十分な血液が回らなくなります。
ストレスによって放出されるホルモンには血管を細くする作用もあり末端まで十分な栄養を運ぶことが出来なくなってしまいます。

運動と髪の毛の関係はあるの?

軽度な運動は、ストレス解消だけでなく血行促進効果があります。
血流が悪くなると、末端の毛細血管まで十分な栄養が行き届きません。
毛細血管は20代がピークでその後は徐々に減少して行きますが、さらに血流が悪くなり劣化した毛細血管は使われなくなり数が減ります。髪の毛は毛細血管を通じ栄養補給をしていますので血流が悪いと育ちません。運動不足は血管を細くしてしまう原因に。